コンテンツにスキップする

「アビガン」のジェネリック、ロシアが新型コロナ薬として暫定承認

ロシア保健省は同国初の新型コロナウイルス感染症(COVID19)治療薬として、抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」のジェネリック(後発医薬品)に暫定承認を与えた。政府系ファンド(SWF)のロシア直接投資基金(RDIF)が声明で発表した。

  暫定承認を受けたのはRDIFの合弁事業が開発した「アビファビル」で、新型コロナウイルスの増殖能力阻害を目指して開発され、臨床試験で効果が認められたという。アビファビルは富士フイルム富山化学が開発したアビガンのジェネリック。

関連記事
5月中のアビガン承認は困難か、藤田医大は臨床試験を継続

原題:Russian Health Ministry Approves Anti-Coronavirus Drug Avifavir(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE