コンテンツにスキップする

トランプ米大統領、一部中国人留学生の入国拒否命じる-安保上の懸念

  • 中国は知財「収集要員として活動」させる大学院生らを利用-米政権
  • 大学院生らが中国政府に「利用されたり取り込まれたりするリスク」

トランプ米大統領は中国からの大学院生と研究者の受け入れに国家安全保障上のリスクがあるとして、その一部について一時渡航者としての米国入国を拒否するよう命じた。

  ホワイトハウスは声明で、中国は「知的財産の従来とは異なる収集要員として活動」させる一部の大学院生と博士号を持つ研究員を用いていると指摘。

  中国人民解放軍との関係が過去もしくは現在あり、大学院以上の課程か研究に従事している学生や研究者は、中国政府に「利用されたり取り込まれたりするリスクが高く」、懸念の原因だと説明した。

  米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は先に、人民解放軍と関連ある大学と直接的なつながりを持つ中国人の在米大学院留学生や研究者のビザ(査証)を取り消すことをトランプ政権が計画していると報じていた

原題:Trump to Bar Entry of Some China Students Over Security Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE