コンテンツにスキップする

トランプ米大統領、ウイグル人権法案に近く署名の見通し-下院議員

  • 大統領は香港巡る動きや新型コロナ対応巡り中国への反撃狙う
  • ウイグル人権法案は上下両院を通過済み、両党の幅広い支持得る

トランプ米大統領は近く、中国新疆ウイグル自治区の人権侵害を巡り、ウイグル族弾圧の責任が認められる当局者に制裁を科すよう米政権に義務付けるウイグル人権法案に署名する意向のようだ。大統領は、香港「国家安全法」制定の動きや新型コロナウイルスへの対応を巡り中国に反撃しようとしている。

  下院外交委員会のマイケル・マコール筆頭理事(共和)は28日、記者団との電話会見で、上下両院を通過した同法案にトランプ大統領は数日中に署名するだろうと語った。同法案は両院で共和、民主両党議員の幅広い支持を得た。

  トランプ大統領はこの件とは別に、29日に記者会見を開き、中国を巡る新たな政策を発表する予定。

原題:
Trump Set to Rebuke China on Muslims After Friction on Hong Kong(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE