コンテンツにスキップする

トランプ氏、ツイッターへの怒り収まらず-28日に大統領令署名の構え

  • SNS企業の免責条件を狭め、ユーザーが訴えやすくする内容
  • ツイッター、トランプ氏投稿に事実確認促す警告を付記

読者にファクトチェック(事実確認)を促す警告を付けたツイッターに対してトランプ米大統領の怒りは収まらず、28日にもソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手企業を標的とする大統領令に署名する構えだ。

  ブルームバーグ・ニュースが入手した大統領令草案によると、第三者の投稿に対してSNS企業に認められている免責条件を狭める内容で、成立すればツイッターやフェイスブックなどのSNS企業は訴えられやすくなり大量の訴訟に直面する可能性がある。

  SNS企業は不適切なツイートや動画、その他の投稿に対して削除したり人目に触れないようにしたりする際に「誠意を持って」行動する限り訴訟から保護されるが、この誠意は明確に法で定義されていない。大統領令草案では連邦通信委員会(FCC)にこの点を明確にする規則作りを求めており、ソーシャルメディアのプラットフォームで投稿が削除され、それがサービス利用規約と矛盾していたり、十分な通知がなかったりした場合に、ユーザーの訴訟からSNS企業は保護されなくなる恐れがある。

relates to トランプ氏、ツイッターへの怒り収まらず-28日に大統領令署名の構え

ファクトチェック(事実確認)を促す警告が付記されたトランプ氏ツイート

出典: ツイッター

  ホワイトハウスは28日早朝、コメントを控えた。

  トランプ氏はツイッターを、メディアを介さずに米国民に直接語りかける手段と認識しており、政敵に対する悪口や陰謀論の拡散、スタッフの更迭、政策変更の発表などに利用。これまでに投稿したツイートは5万2000本以上、フォロワーは8000万人を超える。27日朝のツイートではツイッターを閉鎖させることも示唆したが、それを実行する法的な権限は大統領にない。

原題:
Trump, Furious at Twitter, Aims Executive Order at Tech Giants(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE