コンテンツにスキップする
cojp

ファーウェイCFOの主張退ける、米国への身柄引き渡し巡り加裁判所

  • バンクーバーの裁判所、引き渡し手続きを継続させる判決下す
  • 孟晩舟被告、バンクーバーで自宅軟禁継続へ

中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)は、米国への身柄引き渡しを巡る裁判で自身の主張が認められると強く確信し、先週末には加バンクーバーの裁判所前で勝利のサインでポーズをとったが、 その希望は27日に打ち砕かれた。カナダの裁判所判事は孟被告の主張を退けて引き渡し手続きを続け、同被告の自宅軟禁を継続する判決を下した。

  今回の判決は米当局には勝利の一歩だが、カナダと中国の間の緊張を早速さらに高めている。在オタワ中国大使館の報道官は27日、この事件を「重大な政治事件」と呼び、孟被告の中国への帰国を許可するようカナダ政府に求めた。 2018年12月の同被告の身柄拘束から数日内に勾留されたカナダ人2人も中国で収監されたままだ。

  ファーウェイの創業者で富豪の任正非氏の長女である孟被告は、米政府が国家安全保障上の脅威と見なす中国最大のテクノロジー企業と同国を封じ込める広範な取り組みの最も著名な標的となった。米司法省は、銀行を欺いて米国の対イラン制裁に違反した取り引きを行わせた詐欺罪などの罪で同被告を起訴している。

Court To Rule On Extradition Of Huawei CFO Meng Wanzhou To U.S.

加ブリティッシュコロンビア州の裁判所に出廷するために自宅を出た孟被告(5月27日)

ダリル・ダイク/ブルームバーグ

原題:
Huawei CFO Stumbles in Effort to Block Extradition from Canada(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE