コンテンツにスキップする

欧州委、約90兆円の景気刺激策を提案-共同債で資金調達へ

更新日時
  • 総額7500億ユーロ、うち5000億ユーロは助成金として加盟国に配布
  • 全加盟国の承認が必要、実現なら財政統合に大きく前進

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会は近年では最悪のリセッション(景気後退)に打ち勝ち、新型コロナウイルス対策で債務が膨らむイタリアなどを支えるため、前例のない景気刺激策を提案した。

  匿名を条件に語った当局者によると、7500億ユーロ(約88兆7500億円)規模のパッケージから、イタリアは緊急助成金として820億ユーロ、低金利融資で最大910億ユーロを受け取る。パッケージはEU加盟27カ国全ての承認が必要。欧州委のウェブサイトに掲載された案によると、資金は共同債の発行によって賄われる。実現すれば財政統合への大きな一歩となる。  

  フォンデアライエン欧州委員長は「これは欧州の節目だ。われわれの行動する意思はわれわれ皆が直面している困難に見合ったものでなければならない」と語った。

EU Stimulus Package

Italy would get 81.8 billion euros under the proposal, Spain 77.3 billion euros

Source: European Commission

Note: *Country also due to get RRF loans

  パッケージについて伝えられると周辺国国債が値上がりし、イタリア10年債利回りは一時9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.457%と、約2カ月ぶり低水準となった。

  7500億ユーロのうち5000億ユーロは加盟各国に助成金の形で配布され、2500億ユーロは融資になる。このパッケージの原資は金融市場で借り入れ、2028年から30年間かけて共同で返済する。

  イタリアと並んで新型コロナで大打撃を被ったスペインは、770億ユーロの助成金と最大630億ユーロの融資を受ける。ギリシャは助成金と融資を合わせ320億ユーロ、フランスは390億ユーロの助成金を受け取る。

Pre-Allocated Funding for Next Generation EU

Total of grants and RRF loans

Source: European Commission

  EUの新型コロナ対策の柱となるパッケージに加盟各国の支持が得られれば、財政負担共有の是非が長く統合深化の妨げとなってきたEUにとって、大きな転換点となる。

原題:EU Aims to Backstop Struggling South With Fiscal Shock and AweEU Aims to Back Struggling South With Fiscal Shock and Awe (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE