コンテンツにスキップする
cojp

ポンド相場、6月に再び波乱か-対EU交渉や英中銀会合巡り不透明性

ポンドは今年に入り4回目の月間下落へと向かっている。6月には相場にいっそうの波乱が生じるリスクも山積している。

  来月には複数の問題で不透明性が高まり、ポンド相場を揺さぶりそうだ。英国の欧州連合(EU)離脱に伴う移行期間を延長するかの判断期限が6月末に訪れること、英国でマイナス金利が導入される可能性、新型コロナウイルスのロックダウンが徐々に解除される見通しなどがそれに該当する。

  6月の相場は小康状態となることが多いが、今年は例年と異なりボラティリティーがEU離脱の是非を問う国民投票が行われた2016年以来の水準に高まる可能性を、これらの要因は示唆する。ポンドは26日には対ドルで一時1%余り上昇したが月初来では2%超下落しており、このまま行けば5月として11年連続の下げとなる。

  みずほ銀行の金融機関向け外国為替セールス責任者、ニール・ジョーンズ氏は、「英国のEU離脱と6月末を巡り、多大な不透明性が漂っている」と指摘し、「不透明性は通常、ボラティリティーを押し上げる」と語った。

A June to Watch

Pound action may be the most suspenseful since the Brexit referendum

Source: Bloomberg

  現在設定されている離脱移行期は今年末で期間が満了するため、英国とEUが関税や輸入割当制を回避するにはそれまでに新たな貿易協定を結ぶ必要がある。別の選択肢としては移行期間を延長する方法もあるが、延長は6月末までに決めなければならない。今月行われた交渉責任者間の協議ではほとんど進展が見られず、交渉は6月1日に再開する。

Less Bearish

Options traders see lower risks for a drop in sterling

Source: Bloomberg

Sterling remains in defensive mode versus the greenback

原題:
Pound Traders May Be Facing Choppiest June Since Brexit Vote (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE