コンテンツにスキップする
Photographer: MARTIN BERNETTI/AFP
cojp

中南米最大の航空会社が米連邦破産法11条の適用申請-コロナで打撃

A worker cleans a window at Santiago International Airport, in Santiago, on April 20, 2020 during the new coronavirus, COVID-19, pandemic. - Latin America's biggest airline, the Brazilian-Chilean group LATAM, announced last Friday that the 95% reduction of its passenger operations announced in April will be extended until May due to the coronavirus crisis, which will cause a deeper impact than expected. (Photo by MARTIN BERNETTI / AFP) (Photo by MARTIN BERNETTI/AFP via Getty Images)
Photographer: MARTIN BERNETTI/AFP

中南米最大の航空会社LATAM航空グループは、米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きをニューヨーク州南部地区の連邦破産裁判所に申請した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う中南米地域での運航休止が響いた。

  破産法が適用されることで、同社は債権者への支払いと事業再建に向けた計画をまとめる間、業務を継続できる。減便しながら運航を続けており、最大9億ドル(約970億円)の融資を確保しているという。

  ブラジルとパラグアイ、アルゼンチンの関連会社は今回の申請に含まれない。

Latam's stock lost most of its value after the virus hit

原題:
Latam Airlines Files Chapter 11 Bankruptcy, Stymied by Lockdowns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE