コンテンツにスキップする
cojp

サムスンの李在鎔氏、検察に出頭求められる-経営権継承計画巡る捜査

  • グループ企業による合併および不正会計疑惑に関する捜査の一環
  • 李副会長は今月、前大統領への贈賄事件について公に謝罪

韓国の検察当局は26日、サムスングループ企業2社による2015年の合併および不正会計疑惑に関する継続中の捜査の一環として、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長に出頭を求めた。韓国最大企業である同グループにとって新たな痛手となる。

  聯合ニュースによると、ソウル中央地検はサムスングループの経営権継承計画を巡る不正行為疑惑について同グループの事実上のトップである李副会長に問いただすため、現地時間午前8時(日本時間同)に出頭するよう要請した。検察事務所の報道官が李副会長の召喚を確認したが、詳細は明らかにしていない。

  李副会長は今月初旬、経営権継承問題に絡む朴槿恵(パク・クネ)前大統領への贈賄事件について公に謝罪した。この事件は朴氏の罷免とその後の逮捕・起訴、および李副会長の1年に及ぶ収監につながった。

Samsung Billionaire Jay Y. Lee Apologizes for Company's Past Wrongdoings

サムスン電子の李在鎔副会長

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

  検察は15年のサムスン物産と第一毛織との合併に関連する不正行為の有無について李副会長を取り調べるとみられる。この合併は同副会長によるグループ支配を強固にする狙いがあったとされる。サムスンバイオロジクスを舞台とする不正会計疑惑についても問いただす可能性が高い。

  サムスン電子の広報担当者は26日、コメントを控えた。

関連記事
韓国最高裁、サムスン電子副会長の裁判で審理差し戻し

原題:Samsung Heir Summoned for Questioning in Succession Probe (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE