コンテンツにスキップする
cojp

UVで新型コロナウイルス死滅-研究結果発表した独企業の株価急騰

A Metropolitan Transit Authority (MTA) worker mops around a bench at a Times Square subway station in New York on April 21.
A Metropolitan Transit Authority (MTA) worker mops around a bench at a Times Square subway station in New York on April 21. Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
A Metropolitan Transit Authority (MTA) worker mops around a bench at a Times Square subway station in New York on April 21.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

UV-C(短波長紫外線)の照射が新型コロナウイルスの不活性化に極めて有効なことが研究結果によって示された。ドイツ紙メルクーアがUV装置開発・製造会社ドクター・ヘンレの19日付の発表資料に基づいて報じた。これを受け、25日のフランクフルト市場でヘンレの株価は一時34%急伸。上昇率は取引時間中として上場以来の大きさとなった。

  ヘンレは同社の「特別なUV装置を使うことで新型コロナウイルスを数秒以内に確実に死滅させられる」ことが示されたと説明。「新型コロナへの感染リスクはUV-C照射による周囲の空気や表面の殺菌で確実かつ効率的に最小化される」とした。

  ウォーバーグのアナリスト、マルテ・シャウマン氏はブルームバーグの電話取材に対し、ウイルスを死滅させるUV照射の効果は驚くようなことではないと指摘。プロジェクトの成功と感染拡大の抑え込みに向けたUVベースの殺菌の需要増加はヘンレ株にとって長期的な好材料だが「ゲームチェンジャーではない」とした。同社株の投資判断は「買い」としている。

原題:
Dr. Hoenle Surges After Co. Says It Killed Coronavirus With UV(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE