コンテンツにスキップする
Photographer: Kanishka Sonthali/Bloomberg
cojp

インド中銀が緊急利下げ、政策金利4%に-景気支援

更新日時
  • レポ金利を0.4ポイント引き下げ4%に-2000年以降で最低水準
  • 銀行融資の返済猶予をさらに3カ月延長-ダス総裁
A pedestrian walks past the Reserve Bank of India (RBI) building in Mumbai.
Photographer: Kanishka Sonthali/Bloomberg

インド準備銀行(中央銀行)は22日、景気支援を目的に緊急利下げを実施した。中銀はインド経済がここ40年余りで初のマイナス成長に陥ると予想している。

  ダス総裁が政策金利のレポ金利を0.4ポイント引き下げ4%にしたと発表した。これは2000年以降で最低水準。リバースレポ金利は3.75%から3.35%に引き下げた。6月上旬に予定されていた定例会合に先立って開かれた今回の金融政策委員会(MPC)は「緩和的」スタンスを維持し、追加緩和の可能性を示唆した。

  「われわれは今後も警戒を維持し、これから先の新型コロナウイルスに伴う難題に対応するためにあらゆる必要な措置を講じる」とダス総裁は表明した。

India's key RBI rate falls to it lowest since 2000

  インド経済は今年度(2020年4月-21年3月)にマイナス成長に陥る見通しだと中銀は指摘した。新型コロナの影響や感染拡大防止のために講じられている措置が国内の経済活動に深刻な打撃を与えている。

  またダス総裁は、銀行融資の返済猶予がさらに3カ月延長されたと明らかにした。

原題:India Cuts Rate to Lowest Since 2000 To Revive Shrinking GDP (2)(抜粋)

(ダス総裁の発言などを追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE