コンテンツにスキップする
cojp

フェイスブック、在宅勤務従業員の採用拡大へ-現社員の在宅恒久化も

  • ザッカーバーグ氏は10年以内に従業員の50%が在宅勤務になると予想
  • 既に従業員に年末まで在宅勤務を許可する方針を示している

フェイスブックは、同社のオフィスがない地域で在宅勤務従業員の採用を拡大することを計画している。また、希望があれば一部の現従業員に在宅勤務を恒久的に継続することを認める方針だ。

  マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、特にエンジニアリング関連の人材について、同社が米国を皮切りに直ちに「在宅勤務従業員の積極的な採用を開始する」ことを計画していると述べた。同氏は社内の従業員調査に基づき、今後5-10年間で在宅勤務従業員が全体の最大50%を占める可能性があると考えている。

  ザッカーバーグ氏はインタビューで「われわれや他の多くの人は、生産性が大幅に低下するのではないかと非常に心配していたが、全くそうではなかった。生産性は以前と変わっておらず、かえって生産性が上がったと報告する人もいる」と語った。

Facebook CEO Mark Zuckerberg & Key Speakers At The Silicon Slopes Summit

マーク・ザッカーバーグ氏

写真家:George Frey / Bloomberg

  フェイスブックは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3月上旬にカリフォルニア州メンロパークのオフィスを閉鎖し、既に従業員に年末まで在宅勤務を許可する方針を示している。ザッカーバーグ氏は21日に在宅勤務従業員の採用計画を従業員に明らかにした。同社の3月末時点の世界従業員数は4万8000人余り。

Aerial Views Of Silicon Valley Housing And Tech Campuses

カリフォルニア州メンロパークにあるフェイスブック本社

写真家:サムホール/ブルームバーグ

原題:
Facebook to Push Remote Hiring, Tells Employees They Can Move(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE