コンテンツにスキップする
cojp

米中古住宅販売:4月は17.8%減-10年7月以来の大幅マイナス

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した4月の中古住宅販売件数は、2010年半ば以来の大幅減となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、住宅販売における重要な時期に全国で需要が落ち込んだ。

キーポイント

  • 中古住宅販売件数(季節調整済み、年率)は前月比17.8%減と、2010年7月以来最大の減少率
    • 販売件数は433万戸、11年9月以来の低水準
    • ブルーム-バーグがまとめた市場予想の中央値は422万戸
    • 前月は527万戸
  • 中古住宅価格(中央値)は前年同月比7.4%上昇し、28万6800ドル
U.S. demand for previously owned houses weakens further on lockdown

インサイト

  • 住宅ローン金利は過去最低付近にあるものの、新型コロナ感染拡大の影響で物件を直接見せることが難しくなり、販売が打撃を受けた
  • NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏:
    • 「大半の州で3月半ばから4月に行われたロックダウン(都市封鎖)で、住宅販売は一時的に悪影響を受けた」
    • 「だが市場に出ている物件はなお買い手を引き付けており、住宅価格を押し上げている」

詳細

  • 中古住宅の在庫は前年同月比19.7%減の147万戸と、4月としては過去最少
  • 販売に対する在庫比率は4.1カ月
  • 統計表

原題:Sales of Previously Owned U.S. Homes Decline by Most Since 2010(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE