コンテンツにスキップする

ブラックスワンのタレブ氏とクオンツのアスネス氏がリスクヘッジ論争

「ブラックスワン」の著者ナシーム・タレブ氏とクオンツ投資の先駆者クリフ・アスネス氏が、テールリスクに対するヘッジについてツイッター上で論争を展開した。

  アスネス氏のAQRキャピタル・マネジメントは、確率が低いが影響が大きいテールリスクに対するヘッジは機能しないとするリポートを発表。テールリスクについての著書で有名なタレブ氏がこれに反論した。

  タレブ氏がAQRプリンシパルのアンティ・イルマネン氏への個人的な批判にまで踏み込んだことで、アスネス氏が参戦した。

  AQRの営業時間外に電子メールでコメントを求めたが応答はない。タレブ氏の担当者はツイート以上のコメントを控えた。

  議論は、環境が良好な時にテールリスクに備えるヘッジがそのコストに値するかについてで、AQRは「テールリスク」ファンドが今年3月に好成績を上げたものの、常に最悪の事態に備えるコストがこの利益を相殺すると論じた。

  ただ、アスネス氏はテールリスクに備えることに反対ではなく、AQRのそのような商品は今年「大きく上昇している」という。

原題:Black Swan Author Spars With Quant Legend Over Tail Risk Hedges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE