コンテンツにスキップする

シャープ株が一時4.9%安、1-3月期の連結営業損益が136億円の赤字

シャープ株が下落。1-3月期の連結営業損益が136億円の赤字(前年同期は158億円の黒字)になったと19日に発表した。

  株価は一時前日比4.9%安の1136円となった。

  SMBC日興証券の桂竜輔アナリストは19日付のリポートで、3月末時点の在庫が2947億円(1.56カ月)と3カ月前や1年前と比較し、「重めの印象」と指摘。2020年3月期のフリーキャッシュフローが598億円の赤字だったことも懸念材料に挙げた。

  新型コロナウイルス感染拡大を受け、21年3月期の業績予想は8月をめどに開示する。20年3月期の営業利益は前期比37%減の528億円で、新型コロナの影響額は約360億円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE