コンテンツにスキップする
Subscriber Only

アビガン有効性示せず、新型コロナ治療の臨床研究で-報道

新型コロナウイルス感染症(COVID19)治療薬としての承認が期待される「アビガン」の臨床研究で、明確な有効性が示されなかったと、共同通信が複数の関係者の話として伝えた。

  藤田医大を中心に多施設共同で実施された臨床研究に関し、今月中旬に厚生労働省に報告された中間解析結果で、ウイルスの減少率に明確な差が出なかったという。研究は今後も続けることが決まったと共同は報じた。

関連記事

富士フイルム:アビガンの生産拡大、7月約10万人分-新型コロナ向け

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE