コンテンツにスキップする

【新型コロナ】トランプ氏、抗マラリア薬服用-FDAは副作用警告

更新日時
  • ブラジル感染者が世界で3番目の多さに、世界で最も急速に広がる
  • 世界の感染者数は480万人、死者数は31万8000人をそれぞれ上回る

トランプ米大統領は18日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)治療薬として期待を表明してきた抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンを自身が現在、服用していると明らかにした。大統領は1週間余り前から服用を続けていると述べた。医療専門家はCOVID19の治療効果は証明されていないとしており、米食品医薬品局(FDA)は重篤な副作用が生じかねないとして病院・臨床試験以外で同薬を服用しないよう警告している。

  ブラジルの18日時点の感染者数は計25万4220人と、英国を抜き世界で3番目の多さとなった。ブラジルは現在、新型コロナ感染拡大が世界で最も速く広がっているホットスポットで、過去1週間の世界の新規感染例の13%を占めている。

  中国は、新型コロナのワクチンが同国で開発され利用可能になれば、世界の公共財とすると、習近平国家主席が世界保健機関(WHO)の年次総会である世界保健総会で18日、表明した。

  中国の18日の新規感染症例は6件で、そのうち3件が国内感染だった。

  配車サービスを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズは18日、3000人の人員を追加削減した。感染拡大で同社の事業は世界的に大きな打撃を受けており、複数の非中核プロジェクトで投資を減らすことも計画している。

  米バイオテクノロジー会社のモデルナは、開発中の新型コロナワクチン候補が初の臨床試験で有力な初期兆候を示したと発表した。新型コロナの撃退を助ける免疫システム反応が体内に作られる可能性が示されたという。この発表を受けて米株価は上昇した。

関連記事

  世界の新型コロナ感染拡大の中心地、米国の死者数は9万人を突破。感染者数は150万人を上回った。18日の感染者増加率は1.2%と、4月30日以来の低い伸びとなった。米ジョンズ・ホプキンス大学とブルームバーグ・ニュースの集計データで明らかになった。世界の感染者数は480万人、死者数は31万8000人をそれぞれ超えた。

  イランの新規感染者はこの6週間で最多となった。一方、イタリアでは新規感染者が3月初め以来の少人数となった。

原題:Trump Takes Anti-Malaria Drug; Vaccine Hopes Rise: Virus Update(抜粋)

(ブラジルの情報などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE