, コンテンツにスキップする

バークシャー、ゴールドマン株持ち分を84%減らす-1~3月

  • JPモルガン株持ち分は3%減、アマゾン株保有は0.7%減らす
  • トラベラーズとフィリップス66を手放す、PNC持ち分は増加

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは15日、ゴールドマン・サックス・グループ株式の持ち分を1-3月(第1四半期)に84%減らして192万株としたことを当局への届け出で開示した。

  バークシャーはゴールドマン株を長期保有しているが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う金融市場の混乱で、同社の株価は1-3月期に33%近く下落した。

  バークシャーはJPモルガン・チェースの株式保有を3%、アマゾン・ドット・コム株の保有を0.7%それぞれ減らしたほか、トラベラーズとフィリップス66の株式全てを手放した。

  一方、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ株の持ち分は増やした。

原題:Berkshire Sells Majority of Goldman Stake, Trims JPMorgan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE