コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ドイツ1-3月GDP2.2%減、10年余りで最悪-リセッション入り

更新日時
  • 昨年10-12月GDP、前期比変わらずから0.1%減に改定
  • 今年4-6月の経済活動、1-3月に比べ「顕著に低調」

ドイツの国内総生産(GDP)は1-3月(第1四半期)に前期比2.2%減少し、ここ10年余りで最悪のマイナス成長となった。新型コロナウイルス感染拡大が打撃となった。

  1-3月期中の経済封鎖期間は2週間に満たなかったが、個人消費と設備投資に大きく影響。政府支出と建設が幾分の安定要因となった。

  同日発表されたユーロ圏の1-3月域内総生産改定値は前期比3.8%減。マイナス成長で雇用が2013年以来初めて減少した。

  昨年10-12月(第4四半期)のGDPが先に発表されていた前期比変わらずから0.1%減に改定され、ドイツ経済のリセッション(景気後退)入りが確認された。感染拡大阻止の封鎖措置は現在、緩やかに緩和されつつあるが、今年4-6月(第2四半期)に一段のGDP低迷は必至だ。

Germany's economy shrank the most in more than a decade in first quarter

  経済省は電子メールで15日配布した声明で、新型コロナによる景気の落ち込みは4月が底で、回復は既に始まっているとの見方を示した。「5月上旬にロックダウンを徐々に解除し始めた時点から回復が始まった」とコメントした。

  その上で、4-6月期の経済活動は1-3月期に比べ「顕著に低調」となり、リセッションが失業率に「多大な影響」を与えると予想した。

Economic Armageddon

Coronavirus has pushed Europe into its worst postwar crisis

Source: National statistics agencies, Eurostat

relates to ドイツ1-3月GDP2.2%減、10年余りで最悪-リセッション入り

原題:Germany Enters Historic Recession With Biggest Slump in a Decade、German Economic Recovery Already Beginning, Ministry Says、Germany Plunges Into Recession With Biggest Slump in Decade (1)(抜粋)

(第3段落にユーロ圏の改定値を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE