, コンテンツにスキップする

ソフバンクG、4月の自社株買い2346億円-巨額赤字発表後に加速

更新日時
  • 上限は5000億円、月末時点の累計進捗率は50.1%に
  • 別途2兆円の自社株買いも計画、株価は4年ぶり安値から戻り歩調

ソフトバンクグループは4月、2346億円(株数は5392万8800株)の自社株買いを行った。5000億円の上限金額に対する累計進捗(しんちょく)率は50.1%となった。

  15日に関東財務局へ提出された報告書で明らかになった。3月末までの2週間で取得した金額と株数(160億円、472万株)を大きく上回り、合計の買い入れ額は2506億円、株数は5864万8400株に達した。

  ソフトバンクGは13日に前期(2020年3月期)決算の巨額赤字見通しを発表したが、翌日から1日当たりの買い入れ額が増え、14-20日の合計額は1500億円超と膨らんだ。

ソフトバンクグループ株の直近推移

  4月の同社株は22%上昇した。3月に2016年以来およそ4年ぶりの安値(2609.5円)を付けた後、5月15日時点では4574円まで戻している。

  ソフトバンクGは3月13日、最大5000億円の自社株買いを決定。ただ、株価下落が止まらず、同23日には資産売却などを元手にさらに2兆円の自社株買いを行うと発表した。自社株買いは物言う株主として知られる米エリオット・マネジメントも提案していた。

  18日には決算発表を行う。投資先でシェアオフィスを運営する米ウィーワーク関連の新たな損失計上を理由に、前期純損益は過去最大の9000億円の赤字になる見通しだ。

SoftBank Reveals $6.5 Billion Loss From Uber, WeWork Turmoil

SoftBank Group Corp. Chairman and Chief Executive Officer Masayoshi Son speaks during a press conference on November 6, 2019 in Tokyo, Japan. SoftBank reported its second-quarter earnings result today posting a 704 billion yen ($6.46 billion) loss for the July-September period. (Photo by Alessandro Di Ciommo/NurPhoto via Getty Images)

Photographer: NurPhoto/NurPhoto

(3段落に買い入れペースの詳細を追記します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE