コンテンツにスキップする

インテルサット、米連邦破産法11条の適用を申請

衛星サービス会社インテルサットは13日、米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きをバージニア州東部地区の連邦破産裁判所に申請したと発表した。

  発表資料によると、インテルサットは10億ドル(約1070億円)の事業再生融資(DIPファイナンス)を確保。再編プロセスによって流動性を拡充し、債務負担を大幅に減らせる見込みだとしている。

原題:Intelsat Files for Chapter 11 in Eastern Virginia Court(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE