, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

トランプ大統領、米連邦退職基金の中国株投資引き揚げ指示か-FOX

トランプ米大統領

トランプ米大統領

Photographer: Oliver Contreras/Sipa

トランプ米大統領が、連邦退職基金が中国株式に投じる約45億ドル(約4830億円)の資金引き揚げを指示し、投資先として中国株との関係を絶つ方向に動いているとFOXビジネスが伝えた

  報道されたような大統領の決定は、米中関係を巡るリスクに報復的なポートフォリオの流出が新たに加わる可能性を意味する。

  中国側がどのように反応するかについては、オーストラリアの状況が参考になるだろう。同国政府が新型コロナウイルスの発生源について独立調査を求めたのに対し、中国当局は豪州の食肉処理場からの輸入制限に動き、豪州産大麦に関税を課す可能性も報じられた。

中国、豪州の食肉処理場4カ所からの輸入を停止-12日実施

豪州産大麦に中国が関税賦課の報道「深く憂慮」-バーミンガム貿易相

  中国株の代表的指標であるCSI300指数の過去1年の上昇率は6.2%で、S&P500種株価指数の1.7%を上回る。エコノミストの予測では、米経済は今年4.5%のマイナス成長が見込まれるのに対し、中国経済は1.8%のプラス成長を維持する見通しだ。

  (これはブルームバーグ・マーケッツ・ライブ・ブログへの投稿でブロガー個人の見解であり、投資助言を意図したものではありません)

原題:Trump Plan to Pull Out of China Stocks Brings Retaliation Risk

翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:
東京 内田良治 ruchida2@bloomberg.net

翻訳記事に関するエディターへの問い合わせ先
角田正美 mkakuta@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE