, コンテンツにスキップする

麻生財務相、新型コロナは「風邪、はやり病」-6月には収束も

更新日時
  • スペイン風邪の流行も「7月になったら、だいたい止まっている」
  • コロナ後の世界は大きく変化、日本の立ち位置を検討する時期に
麻生太郎財務相

麻生太郎財務相

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
麻生太郎財務相
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

麻生太郎財務相は12日午前の参院財政金融委員会で、新型コロナウイルスについて「どのみち私はちょっと偏見があるので恐縮だが、これは風邪だから、はやり病だから」と語った。過去に世界的大流行を起こしたスペイン風邪なども「7月になったら、だいたい止まっている」として、「この種の話は6月に何となく収まるのかなと思わないでもない」との見方も示した。

  経済への影響については、「消費ががたっと落ちている。これを元に戻していくのが難しい」と述べた上で、「1918年の風邪の騒ぎに匹敵する」との見方を示した。当時のスペイン風邪では50万人の日本人が死亡したとの情報を紹介した。

  国立感染症研究所感染症情報センターのウェブサイトによると、旧内務省の統計で日本におけるスペイン風邪の患者数は約2300万人、死者は38万人と報告されたが、死者45万人との推計もある。厚生労働省が公表した11日午前0時時点での国内の新型コロナウイルスのPCR検査陽性者数は1万5798人、死者は621人。

  麻生財務相は、「しばらくするとコロナ後、コロナ前という言葉が多分定着してくるほど世の中はすごく大きく変わる」と指摘。「グローバリゼーションの見直しが起きてくるのは当然」とし、「日本の立ち位置をどうしていくか改めて検討していかなければならない、そういう時期に来る」との見方を示した。

(情報を追加して更新しました。更新前の記事は第2段落のスペイン風邪による日本人被害の情報を訂正済みです)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE