, コンテンツにスキップする

任天堂スイッチの部品調達に制約、アジアの都市封鎖で

  • 「あつまれどうぶつの森」の記録的ヒットも本体供給不足の要因に
  • 新型コロナの製造への影響「夏ごろには一定程度収まる」と古川社長

任天堂がスイッチの一部重要部品の調達に苦慮している。新型コロナウイルスの感染が広がる中、マレーシアやフィリピン政府が実施した都市封鎖(ロックダウン)が要因で、今年の生産を制限する可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  マレーシアはスイッチに搭載されるプリント基板(PCB)の供給拠点で、フィリピンではPCBに取り付ける部品を生産している。両国は感染拡大防止のため事業活動や移動を制限。マレーシア政府は4日に封鎖を緩和し、大半の経済活動を再開したが、州レベルでは業務再開に向けた従業員の検査に手間取るなど準備不足で対応が遅れている。フィリピン政府は15日以降、封鎖を緩和する方針だ。

  任天堂は3月に発売した「あつまれどうぶつの森」の記録的ヒットもあり、スイッチ本体の供給が追い付いていない。今期(2021年3月期)の本体の販売目標は前期実績(2103万台)より少ない1900万台としている。

  古川俊太郎社長は7日の決算会見で、「夏ごろには新型コロナの製造に対する影響が一定程度収まる」との認識を示している。

Nintendo to Ask Suppliers to Boost Switch Production

ニンテンドースイッチ

Photographer: Troy Harvey/Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE