コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米AMC株一時56%高-アマゾンが買収の可能性巡り協議との報道で

  • 別のメディアが協議はないと報じ、上げ幅を縮小-30%高で終了
  • 新型コロナに伴う映画館休業が響き、年初から先週末までに43%下落

米映画館チェーン、AMCエンターテインメント・ホールディングス株が11日の米株式市場で一時56%高となった。米アマゾン・ドット・コムがAMC買収の可能性を巡り協議との報道が材料視された。ただ、別のメディアが両社の協議はないと報じたことを受けて上げ幅を縮小した。

  10日の英紙デーリー・メール(日曜版)は情報源を明らかにしない形で、協議が依然継続しているか、また今後ディールに至るかは不明と報じた。アマゾンは推測にはコメントしないと同社広報担当者が11日語った。AMCからはすぐにコメントを得ることはできなかった。

  11日午前には、ニュースサイト「デッドライン」が情報源を明示せず、「協議はない」と伝えた

  AMC株は30%高の5.32ドルで引けた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う映画館の休業が響き、同社株は今年、先週末までに43%下落していた。

原題:AMC Entertainment Surges 56% on Report of Talks With Amazon (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE