コンテンツにスキップする
Subscriber Only

農林中金:CLO残高が減少、償還要因で再び8兆円割れにー関係者

農林中央金庫の2020年3月末のローン担保証券(CLO)保有残高は、前四半期末から減少し、8兆円を割り込んだもようだ。

  非公開情報として匿名を条件に語った関係者によると、減少は保有証券の償還によるもので売却が要因ではない。具体的な残高については言及を避けた。

  CLOは格付けの低い企業への融資を束ねて証券化した商品。農林中金のCLO保有残高は、19年6月末に8兆円まで拡大していたが、9月末には償還を理由に7.9兆円へと6四半期ぶりに減少。その後、12月末には円安による為替要因で再び8兆円となっていた。

  農林中金の広報担当者は、CLO残高の減少についてコメントを控えた。一方、CLOを含む有価証券運用方針については、国際分散投資をコンセプトに適切なけん制を効かせ、リスクバランスの取れたポートフォリオの構築を目指す姿勢に変わりはないと述べた。

  新型コロナウイルスの世界的流行により、CLOに組み込まれた企業の財務状況が悪化している。米ムーディーズ・インベスターズ・サービスは17日、米国で同社が格付け対象とするCLO債券のうち、約19%に相当する220億ドル(約2兆3660億円)分について、格下げの可能性があると発表した。

  欧州のCLOをめぐっては、ヘッジファンド1社が約1億ドル(約106億円)相当を額面の20%程度で売却する動きもある。

  農林中金の昨年12月末時点のCLO残高は市場運用資産の12%を占め、すべて満期保有目的の「AAA」格だった。20年3月期決算とCLO保有残高について今月27日に発表する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE