コンテンツにスキップする

米FDA、中国製「N95」規格マスクの緊急使用認める決定を撤回

  • 政府機関の検査で基準を満たしていない中国製マスクが多数判明
  • 中国企業約60社の認可を取り消し、14社については引き続き許可

米食品医薬品局(FDA)は中国製の「N95」規格マスクの緊急使用を認める決定を撤回した。米政府機関の検査で多くの中国製マスクに不備が見つかったためだとした。

  FDAは個人防護具(PPE)の不足に対処するため独立検査機関で中国製マスクの有効性が実証済みであることを条件に利用を認めてきた。この方針は先月3日に導入されたが、米国立労働安全衛生研究所(NIOSH)の検査でろ過基準を満たしていない中国製マスクが多数見つかったため撤回された。

  FDAは7日の医療従事者宛ての書簡で、中国製マスクは新型コロナウイルス感染症(COVID19)に関わる個人の呼吸器防護具として適切な機能を果たしていない可能性があると指摘。

  中国製マスクの製造や輸入に携わる約60社の認可を取り消したが、14社については他の基準を満たしていることを主な理由に米国市場での販売・流通を引き続き許可した。FDAはまた、中国から輸入されたマスクの監視を強化し出荷をランダム検査の対象にするとした。

  認可取り消しについてはダウ・ジョーンズ通信(DJ)が先に報じていた。

原題:U.S. Pulls Authorization for Use of Face Masks Made in China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE