コンテンツにスキップする
cojp

スマートウオッチ市場好調-アップルが1~3月もシェア過半数維持

  • 1-3月のスマートウオッチ出荷台数は推定20%増-市場調査会社
  • 「アップルウオッチ」出荷台数は760万台、市場シェア55.5%
U.K. Customers Purchase News Apple Inc Products
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
U.K. Customers Purchase News Apple Inc Products
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

世界のスマートウオッチ出荷台数が1-3月期に増える中で、米アップルは市場シェア過半数を維持した。スマートフォンを含む家電製品の出荷が世界的に落ち込むのをよそに、新型コロナウイルスの感染拡大で健康管理への関心が高まりスマートウオッチは好調だった。

  市場調査会社ストラテジー・アナリティクスによると、1-3月期の世界スマートウオッチ出荷台数は前年同期比20%増の1370万台。

  「アップルウオッチ」の出荷台数は760万台。市場シェアは1ポイント上昇し55.5%と、2年ぶりの高水準。シェア2位はサムスン電子で190万台、3位は110万台のガーミンとなった。

Apple Watch Domination

Apple grew its lead in the smartwatch category in first quarter of 2020

Source: Strategy Analytics

  ストラテジー・アナリティクスのディレクター、ウッディー・オー氏は「新型コロナのパンデミック進行により、スマートウォッチの世界的な出荷は4-6月期に急減しそうだ」と指摘。その上で「今年後半以降は消費者信頼感が世界的に着実に戻り、小売店舗の営業再開も増えることで十分な回復が見込める」とコメントした。

原題:Apple Maintains Lead After Smartwatches Defy Global Sales Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE