コンテンツにスキップする

米自動車部品メーカー、政府融資求める-工場操業再開に向け

  • 詳細は規模を含めなお議員と協議中-米自動車部品工業会
  • 民主・共和両党の議員、下院議長らに自動車業界支援を要請

米自動車部品メーカーは、国内自動車組立工場の操業再開に必要な部品を再び製造できるように、連邦融資の獲得を求めて議員に働きかけを行っている。

  こうしたプログラムの詳細は規模を含めなお議員と協議中だが、新車向け部品の売上高が約6週間にわたりほぼゼロだったため、当初の原材料購入など部品製造コストを賄うために融資が必要だと、米自動車部品工業会(MEMA)の政府問題担当シニアバイスプレジデント、アン・ウィルソン氏が説明した。

  民主・共和両党の議員9人は6日午前、今後の新型コロナウイルス対策の支援法案において、自動車業界の雇用を支える新たな提案を検討するようペロシ下院議長とマッカーシー共和党下院院内総務に要請する書簡原稿に署名した。

原題:
Auto-Parts Makers Seek U.S. Loans to Fuel Industry Restart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE