コンテンツにスキップする

BMW、今年の利益見通し下方修正-現金創出も厳しいと認識

  • 新型コロナの影響、予想以上に長引きそうだと見込む
  • 米フォードや独ダイムラーなど自動車大手他社も減益予想

ドイツの高級車メーカー、BMWは今年通期の利益見通しを引き下げ、現金創出が難しくなると警告した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による影響が予想以上に長引きそうだとの見方も示した。

  BMWは今年の自動車部門EBIT(利払い・税引き前利益)マージンの予想を0~3%に修正。従来は2~4%を見込んでいた。自動車販売による今年のフリーキャッシュフローはもはやプラスを達成できるとはみていないと、ニコラス・ペーター最高財務責任者(CFO)が6日述べた。

  自動車業界では過去数日間で、米フォード・モーターや独ダイムラーもパンデミックを理由に減益予想を明らかにしていた。BMWのオリバー・ツィプセ最高経営責任者(CEO)は「状況は引き続き深刻だ」と述べ、「この状況では流動性が絶対的に優先されるため、在庫水準を厳しく管理していく」と方針を語った。

原題:
BMW Joins Car Peers With Warning of Coronavirus Profit Slump (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE