コンテンツにスキップする

北海ブレント原油が30ドル台回復、4月15日以来-WTI一時20%上昇

  • OPECプラスと米石油大手が減産、米原油在庫が小幅増と報道
  • トランプ米大統領「原油価格は見事に上昇している!」とツイート

5日の原油先物市場で、ICEフューチャーズ・ヨーロッパで取引されている北海ブレントが4月15日以来の1バレル=30ドルを付けた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物6月限は前日比で一時20%を超える上昇。WTI原油の受け渡し場所であるオクラホマ州クッシングの週間の原油在庫増加が180万バレルにとどまったと4日にゲンスケープが伝えた。6日の公式統計でこれが確認されれば、3月半ば以降で最少の増加となる。

  WTI原油期近物は先週10ドル付近で取引されていたが、生産抑制が効果を表す中で価格は2倍以上になった。石油輸出国機構(OPEC)とそれに歩調を合わせる主要産油国が合計で日量970万バレルの減産を約束する一方、エクソンモービル、シェブロン、コノコフィリップスの米石油大手は6月末までに合わせて日量66万バレルの減産を計画している。

Oil has rallied as output cuts started to take effect

  新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ石油消費だが、一部市場で底を打った初期的な兆候も表れている。これを見て取ったトランプ米大統領は5日、「需要が再び動き始め、原油価格は見事に上昇している!」とツイートした。

  需要は依然として供給を大きく下回り、供給のだぶつきが一掃されるまでには時間がかかりそうなものの、ノルウェーの銀行DNBはリバランスがやって来るとみている。同行のアナリスト、ヘルゲ・アンドレ・マルティンセン氏は「OPECプラス以外の減産が現在加速している」とし、「ごく短期的には石油市場のバランスはかなりの供給過剰となりそうだが、極めて急速にこれは変わるとみている」と述べた。

  ニューヨーク時間5日午前9時42分時点で、WTI原油6月限は18%高の24ドル。ブレント6月限は12%高の30.46ドルだった。

原題:
Brent Crude Tops $30 a Barrel for First Time Since April 15(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE