コンテンツにスキップする

米「ゴールドジム」運営会社、連邦破産法11条の適用申請

  • 新型コロナによる休業長期化、債務支払い滞る
  • ジム再開と8月までの事業再編・再建目指す

フィットネスジム「ゴールドジム」を運営する米ゴールドジム・インターナショナルは4日、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きをテキサス州ダラスの連邦破産裁判所に申請した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業の長期化により、債務支払いが滞った。

  同社は新型コロナの感染拡大によりフィットネスジムの閉鎖を余儀なくされ、破綻に至ったと説明。ただ、複数のチェーン店は新型コロナが経済に影響を及ぼす前から債務返済に苦しんでいた。

  同社は新型コロナで休業した店舗を更生手続き中に再開する方針で、今年8月までの事業再編と再建を目指す。 

原題:Gold’s Gym Files for Bankruptcy Protection Amid Fitness Closures(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE