, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

アマゾン、4-6月赤字になる可能性-新型コロナ関連費用増大

更新日時
  • 営業損益は15億ドルの赤字から15億ドルの黒字の範囲になる見通し
  • 物流業務の円滑な運営維持するための支出増える-時間外で株価下落
An Amazon delivery lorry is parked outside the Amazon logistics centre in Lauwin-Planque, northern France.

An Amazon delivery lorry is parked outside the Amazon logistics centre in Lauwin-Planque, northern France.

Photographer: Denis Charlet/AFP/Getty Images

アマゾン・ドット・コムは1-3月(第1四半期)決算で減益を発表するとともに、4-6月(第2四半期)は赤字になる可能性を明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で物流業務の円滑な運営を維持するための支出が増えていると説明した。

  30日の発表資料によると、4-6月期の営業損益は15億ドルの赤字から15億ドルの黒字の範囲になる見通し。

  ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は発表資料で「通常の状況であれば、4-6月期に約40億ドル(約4300億円)以上の営業利益を見込んだだろう。しかし今は通常の状況ではなく、顧客に商品を届け従業員の安全を守るためにこの40億ドル全体、恐らくそれよりやや多くを新型コロナ関連の経費に充てることを想定している」と説明した。

  1-3月期の売上高は26%増の755億ドル、1株当たりの純利益は5.01ドル。ブルームバーグ集計データによると、アナリスト予想平均は売上高が737億ドル、1株利益が6.27ドルだった。

  アマゾンは、3月中旬に始まった採用拡大と倉庫で働く従業員向けの危険手当として臨時の時給2ドル引き上げのコストが、最終的に約7億ドルに達すると説明していた。安全な業務遂行に向けた多額の支出は当局への強力なメッセージといえる。

  1-3月期はフルフィルメント費用が前年同期比34%増の115億ドル。配送コストは49%増えて109億ドルだった。

  高級食品スーパーマーケット、ホールフーズ・マーケットがほぼ全体を占める実店舗部門の売上高は8%増の46億ドルと、アマゾンによる2017年のホールフーズ買収以来最大の伸びを示した。一方、クラウド部門アマゾンウェブサービス(AWS)の売上高は33%増の102億ドルに達したが、アナリスト予想にはわずかに届かなかった。

  発表を受け、アマゾンの株価は時間外取引で一時約4.5%下落した。通常取引は2474ドルで終了していた。

原題:Amazon Predicts Shrinking Profit on Pandemic Expenses (1)、Bezos Says Amazon ‘Not Thinking Small’ on Covid-19 Spending
(抜粋)

(5段落目以降に決算の詳細などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE