コンテンツにスキップする

米新規失業保険申請件数:384万件、6週間で合計3000万件余り

更新日時

米国の先週の新規失業保険申請件数は384万件となり、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響を受けたこの6週間の合計は3000万件を上回った。

キーポイント
  • 新規失業保険申請件数(25日終了週)は384万件
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は350万件だった
    • 前週は444万件(速報値443万件)に修正
Claims for U.S. unemployment benefits post sixth straight week in millions

  失業保険の申請件数はパンデミック前には見られなかった高水準にとどまっているが、ペースは4週連続で鈍化。労働市場の最悪期は既に過ぎている可能性を示唆した。

  申請者を全て失業者と見なした場合、失業率は22%前後と、1930年代の大恐慌以来の高水準となる。

  知事が5月4日からの経済活動再開を計画しているフロリダ州は、調整前で43万2500件と最多。カリフォルニア州が32万8000件でそれに次ぎ、ジョージア州は26万4800件。ほとんどの州で申請件数は前週から減少した。

  5月8日発表の4月の雇用統計では非農業部門雇用者数は2200万人減、失業率は16.3%が予想されている。

 失業保険の継続受給者数は18日までの1週間に217万人増加し、過去最多の1800万人となった。これにより、労働人口に占める失業保険受給者の割合は12.4%と過去最高を記録した。パンデミック前は1.2%だった。 

Covid-19 Takes a Toll on Labor

Jobless claims per 100K of workforce since March 15

Source: U.S. Department of Labor

Note: Data as of April 30

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Another 3.8 Million Americans File for Jobless Benefits (2)(抜粋)

(統計の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE