, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

トランプ氏、中国が大統領選敗北を望んでいると発言-中国は否定

更新日時
  • 中国は私が負けるよう「何でもする」-トランプ氏がロイターに語る
  • 米国のある政治家は事実を無視、対処失敗の責任を転嫁-中国外務省

トランプ米大統領が中国は自身の再選の芽をつぶそうとしていると主張したことに対し、中国は否定した。米中の論争は激しさを増し続けている。

  トランプ氏はロイター通信が29日配信したインタビューで、新型コロナウイルス感染拡大への中国政府の対応を踏まえると、中国は11月の米大統領選で自身が敗れるのを強く望んでいるようだと発言。そのため中国は故意に新型コロナ流行への対処を誤り、4600人余りの中国国民が死ぬことになったと主張、中国政府を罰するさまざまな方法を考えていると語った。そうした主張を裏付ける証拠は示さなかった。

  このインタビューでトランプ氏は「中国は選挙で私が敗北するよう、できることは何でもしてくるだろう」とコメント。どんな懲罰的措置を取る可能性があるかは言及しなかったが、「私には多くのことができる」と付け加えた。

  さらに、米国が中国と結んだ貿易合意は新型コロナによる危機の経済的影響で「極めてひどく傷ついた」と述べた。

  中国外務省の耿爽報道官は30日の記者会見で、米国の内政に中国が干渉する「意味は全くない」とした上で、「ここしばらく、米国の一部政治家は事実を無視し、新型コロナの対処に失敗した自らの責任を他者に転嫁しようと努めている」と指摘。トランプ政権に対するこれまでの批判を繰り返した。

  米中当局者はここ数週間、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)を巡り、非難合戦を繰り広げている。

ポンペオ国務長官、新型コロナの感染拡大は中国に責任がある

原題:China Denies Trump’s Claim It’s Trying to Make Him Lose Election(抜粋)

(中国外務省報道官の反応などを入れて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE