コンテンツにスキップする
Subscriber Only

トランプ大統領支持が無党派層で低下、バイデン氏リード-最新調査

  • 無党派層のトランプ氏支持率は27%-昨年12月調査時は45%
  • 大統領選で民主党有力候補バイデン氏の支持率44%、トランプ氏38%

2020年米大統領選を前にUSAトゥデー紙とサフォーク大学が共同で実施した世論調査によると、民主党候補の指名獲得が確実となっているジョー・バイデン前副大統領の支持率が44%で、38%のトランプ大統領をリードしている。

  トランプ大統領は無党派層の支持を失いつつあり、27日公表された同調査結果によれば、無党派層のトランプ氏支持率は27%と、昨年12月調査時の45%から低下した。ただ、バイデン氏も無党派層を十分取り込めていないことが示されており、その3分の1は支持候補を決めていないか、第3政党の候補を探すと答えた。

  若い有権者は特に選択肢に興味を感じていない。18歳から35歳までの回答者の4人に1人は支持未定もしくはまだ別の候補者を探していると回答した。未定の有権者数はここ数週間に複数の調査で増加傾向にある。トランプ大統領の支持率は新型コロナウイルス危機で痛手を受け、トランプ氏とバイデン氏は有権者と実際に会う選挙運動の停止を余儀なくされている。

  USAトゥデーとサフォーク大の調査は、第3政党の候補の選択肢を回答者に提示しているため他の全米世論調査とは異なる。その選択肢をなくすと、バイデン氏の支持率は50%に対し、トランプ氏は40%だった。調査は4月21日ー25日に登録有権者1000人を対象に実施された。

原題:
Trump Losing Independent Support, Poll Shows: Campaign Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE