コンテンツにスキップする
Subscriber Only
cojp

ニューヨーク州で14.9%に抗体、検査拡大後の結果-クオモ知事

米ニューヨーク州のクオモ知事は、対象人数を拡大して実施した新型コロナウイルス抗体検査で、14.9%に抗体があることが示されたと明らかにした。

  同州はこれまでに7500人を対象に抗体検査を実施した。当初の検査では、計3000人の13.9%に抗体が確認されていた。地域差は大きく、ニューヨーク市が24.7%なのに対し、ハドソンバレー地域は10.4%、フィンガーレイクス地域は2.7%だった。

  ニューヨーク州では新型コロナ死者数が26日に337人増えた。クオモ知事は27日、「依然として悲劇的に多いが、ここ数日では低下傾向にある」と語った。

原題:New York Finds 14.9% Infection Rate in Expanded Antibody Study(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE