, コンテンツにスキップする
Photographer: Wei Leng Tay/Bloomberg
cojp

新型コロナのワクチン、年内に接種可能になる可能性も-CEPI

新型コロナウイルスのワクチンは早ければ年内にも接種可能になる可能性があると、世界的な官民連携でワクチン開発に取り組む感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)が明らかにした。

  ノルウェーのオスロに本部を置くCEPIは現在、新型コロナワクチンを開発する9つのプロジェクトを支援している。これまでは接種が可能になるまでに1年から1年半かかるとしていたが、企業の緊密な連携でプロセスが加速する可能性や、臨床試験の早期実施などを勘案していなかった。CEPIの責任者、リチャード・ハチェット氏が電話会議で明らかにした。

  CEPIは米モデルナやイノビオ・ファーマシューティカルズなどの製薬会社のほか、オックスフォード大学などの研究機関とも提携している。

関連記事

ビル・ゲイツ氏、新型コロナのワクチンは12カ月内に大量製造可能にも

塩野義薬:新型コロナ予防ワクチン開発決定、年内に臨床試験開始へ

サノフィ、新型コロナワクチンの問題は時期ではなく量産の可否

原題:Vaccine Coalition Sees Potential to Go Even Faster in Covid Race(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE