, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

米ダイヤモンド・オフショア、破産法の適用申請-歴史的な原油急落で

  • 前例のない原油相場急落で海洋掘削需要が落ち込み
  • 新型コロナやOPECとロシアの価格戦争で事態は悪化

ロウズ傘下の海洋掘削会社ダイヤモンド・オフショア・ドリリングは、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きを申請した。前例のない原油相場の急落で海洋掘削需要が落ち込んだ。

  同社はテキサス州ヒューストンの連邦破産裁判所への提出文書で2019年末のデータを引用し、資産が58億ドル(約6200億円)、負債が26億ドルと明らかにした。手元現金は約4億3490万ドル。

  同社は状況が「ここ数カ月で急激に」悪化したと説明し、石油輸出国機構(OPEC)とロシアの価格戦争や新型コロナウイルス感染症(COVID19)のパンデミック(世界的大流行)を理由に挙げた。

原題:
Diamond Offshore Files for Bankruptcy Amid Historic Crude Crash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE