コンテンツにスキップする
Subscriber Only

中国人留学生を科学技術分野で学ばせるべきでない-米共和党上院議員

  • 米国は競争相手を育成しているとアーカンソー州のコットン上院議員
  • 中国人学生が米国で学ぶべきなのはシェイクスピアだとコットン氏

米共和党のトム・コットン上院議員(アーカンソー州)は26日、中国からの留学生が米国の大学で科学技術を学ぶのを認めるべきではないと示唆し、ソーシャルメディアを炎上させた。そうした学生は代わりにシェークスピアに集中すべきだとしている。

  同議員はFOXニュースの番組で、中国の「優秀な学生ら」が米国で学んでも、帰国して「われわれと雇用で競い合い、われわれのビジネスを奪い、そして最終的にわれわれの財産を盗む」だけなのは「恥ずべきこと」だと述べた。

Senate Lawmakers Hold Weekly Policy Luncheons

トム・コットン上院議員

写真家:Tom Brenner / Getty Images

  コットン氏は「特に大学院レベルの高度な科学技術分野で学ぶために米国にやってくる中国人へのビザ発給について、極めて厳しく見直す必要がある」と指摘。

  さらに、中国人留学生が米国から学ぶ必要があるのはシェークスピアや米国憲法に関する論文集「ザ・フェデラリスト・ペーパーズ」についてであり、「量子コンピューティングや人工知能(AI)ではない」と語った。

原題:
GOP Senator Says Don’t Let Chinese Students Study STEM in U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE