コンテンツにスキップする
Subscriber Only

緊急事態宣言5月6日全面解除は困難、政府は大幅延長に慎重-報道

更新日時

新型コロナウイルスの感染状況について、専門家からは想定より感染者数が減っていないとの指摘が出ており、政府内では5月6日までに緊急事態宣言を全面的に解除するのは難しいとの意見が強まっている。NHKがウェブサイトで報じた。一方、時事通信は、外出自粛や店舗休業が長引けば国民の不満が強まると予想され、政府は大幅な延長には慎重と報じた。

  • 政府は今週半ば以降に、専門家から人との接触機会の8割削減が達成できているかや、医療提供体制の状況について意見を聴いた上で、緊急事態宣言を延長するかどうか検討を進める-NHK
  • 西村再生相は25日の「NHKスペシャル」で、「できるだけ混乱が生じないように、前もって考え方を示す必要がある」と発言-NHK
  • 時事通信は、「9カ月間の自粛継続」を主張する専門家もいるというが、来夏の東京五輪・パラリンピック実現に向け経済のV時回復を目指す政権幹部は大幅延長に後ろ向きと報道
  • 今月30日にも安倍首相が決断するとの見方が出ている-時事
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE