, コンテンツにスキップする

原油価格の急落、中国銀行顧客に91.5億円の損失発生-金融商品投資で

  • 3700人余りの個人投資家、WTI原油に連動する商品を購入-関係者
  • 投資家ら中国銀行の対応のまずさを非難、一部損失の肩代わり要求

中国銀行の顧客は今週、原油に投機する危険性を学ばされた。その授業料は8500万ドル(約91億3000万円)に上った。

  原油先物は20日の市場で史上初めて価格がマイナスとなった。これによりウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油先物に関連する投資商品の価値がゼロとなり、怒った個人投資家から中国銀行への抗議の声がインターネット上にあふれている。事情に詳しい関係者によると、個人投資家は当初の損失約2億元(約30億円)に加え、原油先物がマイナスに落ち込んだことで中国銀行に対して約4億元の支払い義務が発生したという。

  中国銀行は今週この商品の取引を停止。中国の他の大手銀行も同様の商品の販売をやめた。中国では原油価格の動きに投機する手段として、こうした商品が人気化していた。

  詳細が非公開だとして匿名を条件に語った関係者によると、この商品に投資していた3700人余りの顧客のうち過半数は価格上昇に賭けていた。顧客は中国銀行に対し、損失の一部肩代わりを要求している。

  中国銀行は顧客の未決済ポジションを20日に1バレル=マイナス266.12元で決済したとしている。この価格はWTI原油先物5月限の同日終値であるマイナス37.63ドルにほぼ等しいが、21日に決定された実際の清算値はプラス10ドルだった。このため投資家らはインターネット上で、中国銀行の価格やロールオーバーへの対応について疑問を呈している。

  中国銀行はコメントを控えた。

May WTI oil futures collapsed below zero before expiring

原題:
Oil’s Sub-Zero Wipeout Costs Bank of China Customers $85 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE