コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米民主党上院院内総務、5000億ドルの追加ウイルス対策で合意と表明

  • 政権当局者、共和党の上院関係者は慎重-合意は非常に近い
  • 米上院、ワシントン時間午後4時に審議設定

米民主党のシューマー上院院内総務は21日、追加の新型コロナウイルス対策で議員とトランプ政権が暫定合意に達したことを明らかにした。中小企業への救済基金を補充し、ウイルス感染テストの拡大、病院の支援に資金を供給する。

  一方で政権の当局者、および上院の共和党関係者は、5000億ドル(約53兆7800億円)規模の対策法案を巡る合意は非常に近いものの、まだ詳細を詰める必要が残るとして慎重な見方を示した。

  シューマー院内総務はCNNで、「合意はまとまった。午後4時に可決されると確信する」と発言。「まだ非常に細かい点を調整中だが、重要な問題はすべて解決済みだ」と述べた。上院はワシントン時間午後4時に審議を設定している。

関連記事

米下院、23日にも中小企業支援法案で採決へ-ホイヤー民主党院内総務

米上院が21日採決に向け審議設定、中小企業支援増額盛り込む法案 (1)

原題:Schumer Says SBA Loan Deal Reached; White House Says It’s Close(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE