, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

ドイツ、ボーイングに戦闘機計45機を発注へ-シュピーゲル誌

ドイツは米ボーイングに戦闘機45機を発注する方針だと独誌シュピーゲルが19日報じた。老朽化した空軍機「トルネード」と交代させるためだという。

  同誌が情報源を明らかにせずに伝えたところでは、クランプカレンバウアー国防相は16日、この決定をエスパー米国防長官に電子メールで伝えた。同誌によれば、発注の内訳は「F/A-18スーパーホーネット」30機と「EA-18Gグラウラー」15機。

  独国防省に通常の業務時間外に連絡を試みたが、応答はなかった。米国防総省はコメントを控えている。

  ボーイングの広報担当は電子メールで、「正式発表を待ちつつも、この重要な調達に関し米独両政府を支援するため引き続き力を尽くしている」と説明した。

原題:
Germany to Order 45 Fighter Jets From Boeing, Report Says (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE