, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ワクチン開発保証はない、コロナ脅威長引く恐れと専門家-オブザーバー

  • WHO特使務めるインペリアル・カレッジのナバロ教授が指摘
  • 「このウイルスの脅威が常にある状態で生活する方法見いだす必要」

新型コロナウイルス感染症(COVID19)のワクチンは開発できる保証がなく、ウイルスの脅威は「予見可能な将来」にわたって続く恐れがあると、同感染症研究の第一人者の1人が指摘した。英紙オブザーバーが伝えた。

  世界保健機関(WHO)の特使(COVID19担当)を務める英インペリアル・カレッジ・ロンドンのデービッド・ナバロ教授(グローバルヘルス)は「一部のウイルスはワクチン開発が非常に難しい。従って、予見可能な将来に向け、このウイルスの脅威が常にある状態で生活する方法を見いだす必要が出てくるだろう」と指摘した。

  言い換えれば、症状のある人や接触者を隔離し、高齢者を守り、新型コロナ向けの医療体制を確保することだとし、「それがわれわれ全員にとってニューノーマルになるだろう」と述べた。

原題:World Health Guru Says Don’t Bet on Covid-19 Vaccine: Observer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE