, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

ムーディーズ、米で格付け対象のCLO債券220億ドル分が格下げも

  • 新型コロナのパンデミックで損失予想が「大幅に増加した」と説明
  • 投資適格級から「CCC」までの投機的水準が見直し対象

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは17日、米国で同社が格付け対象とするローン担保証券(CLO)債券のうち、約19%に相当する220億ドル(約2兆3660億円)分について、格下げの可能性があると発表した。

  新型コロナウイルス感染症(COVID19)のパンデミック(世界的大流行)により、CLOに支えられた企業の財務状況が悪化していることが背景。

  ムーディーズは発表資料で、レバレッジドローンを担保資産として証券化された358のCLOについて、リスクやリターンが異なる計859の債券を格下げの方向で見直すことにしたと説明した。裏付けとなる担保資産は記録的なペースで格下げされている。

  ムーディーズは同社が格付けするCLO債券の損失予想が「大幅に増加した」と指摘。パンデミックの影響で、企業利益が消失し信用の質が悪化したとしている。見直し対象のCLO債券の40%余りが投資適格級で、「A」が13、「Baa」の水準が355、残りが「CCC」までの投機的水準という。

  同社の見直しは通常90日以内の完了を目指しているものの、現在の環境には「極めて高度の不確実性」が伴うとして、もっとかかる可能性があると説明した。

A benchmark index for the $1.2 trillion market plunged amid the pandemic

原題:Moody’s May Cut $22 Billlion of CLO Bonds on Pandemic Losses (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE