コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: WANG ZHAO/AFP
cojp

中国、1-3月マイナス6.8%成長-新型コロナで初のGDP縮小

更新日時
  • マイナス成長は四半期GDPの正式発表が始まった1992年以来初
  • 3月の経済指標、回復が長い道のりとなることを示唆-舒暢氏

中国経済の1-3月(第1四半期)はマイナス6.8%成長と、四半期GDP(国内総生産)の正式発表が始まった1992年以降で初めて縮小した。新型コロナウイルス感染拡大で中国経済の大部分が休業を余儀なくされたことが響いた。

  17日発表された1-3月のGDPは前年同期比6.8%減。エコノミスト予想は同6%減だった。

  3月の小売売上高は前年同月比15.8%減少。市場予想は同10%減。工業生産は前年同月比1.1%減。市場予想は同6.2%減少だった。1-3月の固定資産投資は前年同期比16.1%減った。予想は15%減だった。

Output, Consumption Contract

  1-2月に2桁の落ち込みとなった工業生産のマイナス幅は大きく縮小しており、中国当局にとっては明るい材料となりそうだ。今後の回復見通しを巡る主な問題は、封鎖措置が解除される中で消費者がどの程度、景気への信頼感を取り戻すかだ。

  S&Pグローバル・レーティングのアジア太平洋担当チーフエコノミスト、ショーン・ローチ氏は「今回のデータは今のところ中国が回復しつつあることを裏付けた」と指摘。一方で、封鎖措置からワクチン開発へと経済が移行する中で、消費の出遅れ感が鮮明になりつつあるとコメントした。

  このため、当面は刺激策を適度に維持する必要性が高まりそうだ。新型コロナの世界的な感染拡大で、中国の輸出業者には下押し圧力が強まる恐れもあるだけになおさらと考えられる。

回復は長い道のり

  中国経済は湖北省武漢から始まった新型コロナ感染が全般に広がり、1月下旬にまひ状態に追い込まれた。2月の大半は休止状態で、工場や店舗は休業し労働者は自宅待機を余儀なくされた。

  ブルームバーグ・エコノミクスの舒暢氏は「パンデミック(世界的大流行)が外需の打撃となっているだけに、3月の経済指標は回復が長い道のりとなることを示唆している」と分析。生産の減少幅の大幅縮小は供給サイドの力強い改善を反映しており、GDPのマイナス成長が限定的だった一因にもなったが、小売売上高と投資の落ち込みは需要サイドの継続的な低迷を浮き彫りにしていると述べた。

  モルガン・スタンレー・アジアの中国担当チーフエコノミスト、邢自強氏はブルームバーグテレビジョンで「大半の主要国はまだ封鎖の段階にある」と説明。4-6月(第2四半期)の成長はわずかにゼロを上回る程度だろうと予想した。

原題:China’s Economy Shrinks for First Time in Decades as Virus Hits (抜粋)

(市場関係者のコメントを追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE