, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

モデルナ、コロナワクチン開発加速で520億円確保-米政府が支援

更新日時
  • 米厚生省BARDAは生産能力拡大への取り組みも資金面で支える
  • 第1相・第2相試験が成功すれば秋にも第3相試験開始できる可能性

米バイオテクノロジー会社モデルナは16日、同社の新型コロナウイルスワクチンの開発を加速させるため米政府が最大4億8300万ドル(約520億円)を拠出することで合意したと発表した。同社のワクチン候補は現在、臨床試験の初期段階にある。

  合意によると、米厚生省の生物医学先端研究開発局(BARDA)はモデルナのメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン候補「mRNA-1273」について、米当局の承認が得られるまでの開発と生産能力拡大への取り組みを資金面で支える。

  モデルナは第1相と第2相試験がうまくいけば、今年秋にも第3相試験を開始できる可能性があるとしている。

  ステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)はインタビューで、「この助成金によってわれわれは可能な限り速いペースで進むことができる」と述べた。安全性に関する試験結果を待ってから生産能力拡大に動くのではなく、大規模な試験向けの製造開始に向けて今から資金を使うことができる。同CEOによると、現在進められている安全性の試験結果はまだ得られていない。

  同社は臨床試験がうまくいけば、大量生産を可能にする製造分野への投資によって年内に月間数百万回分、さらなる投資で2021年に同数千万回分を供給できるとの見方を示した。

原題:
Moderna Snares $483 Million U.S. Funding for Covid Vaccine (1)(抜粋)

(4段落目以降にCEOの発言などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE