コンテンツにスキップする
Subscriber Only

最悪シナリオの米失業率20%超が現実的に-月内到達との見方も

  • 16日発表の新規失業保険申請件数は550万件前後の見通し
  • 先週までの4週間で米労働人口の約8分の1が失業申請か

最悪の場合のシナリオとして示されていた米失業率20%が現実味を帯びつつある。一部のエコノミストは、月内にも大幅に上昇して20%に達するとみており、20%を超えて進む恐れもある。

  16日に発表される先週の新規失業保険申請件数は550万件前後と見込まれており、先週までの4週間の合計は約2200万件を超えて米労働人口の約8分の1に達し、直近のリセッション(景気後退)以降の増加分が失われる見通しだ。

  さらに同件数は今後も数週間、数百万件にとどまると見込まれており、当初の予想以上に深刻なリセッションとなり、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が収まった後でもさらに困難な景気回復に直面するとみられる。

Widespread job losses could send the unemployment rate to 20% in April

原題:
Worst-Case Fears of 20%-Plus U.S. Jobless Rate Are Now Realistic(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE