コンテンツにスキップする

コロナワクチン開発で世界2大メーカー協力-21年後半の実用化目指す

  • サノフィがワクチン候補の試験実施、グラクソはアジュバント提供
  • 世界の新型コロナ感染者数は200万人に近づいている
relates to コロナワクチン開発で世界2大メーカー協力-21年後半の実用化目指す

Photographer: Marlene Awaad/Bloomberg

relates to コロナワクチン開発で世界2大メーカー協力-21年後半の実用化目指す

Photographer: Marlene Awaad/Bloomberg

世界の2大ワクチンメーカーであるフランスのサノフィと英グラクソ・スミスクラインが新型コロナウイルス感染症(COVID19)との闘いで手を組む。世界の新型コロナ感染者数は200万人に近づいている。

  14日の両社発表によると、サノフィは新型コロナのワクチン候補の試験を実施し、グラクソはアジュバントを提供する。アジュバントは免疫反応を高め、感染防御を強化するために一部のワクチンに追加されるもので、両社によると、ワクチン1回分に必要なタンパク質の量が減り、大量生産できる製品になる可能性が高くなる。

  両社は今年下期に臨床試験を開始する計画で、これがうまくいけば2021年下期までにワクチンを提供することを目指す。

  グラクソのエマ・ウォルムズリー最高経営責任者(CEO) はブルームバーグテレビジョンとの電話インタビューで「成功すれば、来年末までに年間ベースで数億回分を製造できるだろう」と発言。「これは壮大なスケールのグローバルな課題だ」とし、「世界は複数のワクチンを必要とするだろう」とも語った。

世界は複数のワクチンを必要とするだろうとグラクソのエマ・ウォルムズリーCEOが語る

出典:ブルームバーグ)

  ワクチンが開発されれば、グラクソは英国と欧州大陸、米国の拠点でアジュバントを製造する。同社はワクチンから得られる短期的な利益をCOVID19の研究とパンデミック(世界的大流行)への長期的な備えに再投資する方針だと、ウォルムズリーCEOは述べた。

関連記事

米J&J株急伸、コロナワクチン開発で米政府との取り組み開始発表

サノフィも参戦、新型ウイルスワクチン開発競争-SARS経験生かす

英グラクソ、新型ウイルスワクチン開発競争に参戦-CEPIと協力

原題:
Sanofi, Glaxo Join Forces to Develop Coronavirus Vaccine (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE